ニキビケア レチノイン酸

ニキビケアにレチノイン酸

あなたはレチノイン酸という言葉を聞いたことがありますか?

レチノイン酸は、ビタミンAの一種でレチノイド、トレチノインとも呼ばれ、ニキビやニキビ跡をはじめ、しわやシミにも効果がある治療薬として、よく知られているようです。

レチノイン酸は、皮脂量の分泌量を抑えるので、ニキビ治療にも高い効果が期待できます。
皮脂分泌量を抑えるので、ニキビやオイリースキンの毛穴を軽減します。
使い始めの1〜2ヶ月は皮がむけたような状態が続きますが、むけ終わった後は、きめ細かくなめらかな肌へと生まれ変わります。
その結果、ニキビ跡を目立たなくします。


レチノイン酸は、医師の診断のもと処方されるのですが、日本では正式に認可されていないのが現状です。
しかし、医師や専門医によっては、ニキビなどの肌トラブルに応じて処方してもらえます。

化粧品の一部には、レチノールという成分が入ったものがありますが、このレチノイン酸の100分の1しか入っていないので、その効果はあまり期待できません。
ですので、ドクターズコスメとしてのレチノイン酸クリームを専門医を受診して、処方してもらう必要があるのです。

レチノイン酸クリームは効き目が強いので、用法・容量を守って使わなければなりません。


レチノイン酸は、ドクターズコスメとして使われるほかに、ニキビの治療法にも用いられます。
美容皮膚科やスキンケアサロンなどでレチノイン酸を使ったニキビ治療を行っていますので、気になった方は一度問い合わせてみてはいかがでしょう。


メディカルコスメとして知られているドクターシーラボのように、専門医を受診しなくてもレチノイン酸が配合されたスキンケア商品を手に入れることができますが、中には海外からの輸入品で高濃度のレチノイン酸配合の効き目が強いものもありますので、使用する際には十分注意して、肌に合わないと思ったらすぐ治療を中止してください。

ニキビケアに効くのはどの化粧品??
みんなが愛用しているおすすめのニキビケア化粧品をランキング形式でご紹介!
化粧品選びの参考にしてください。

 

ニキビケアランキングを見る

こちら


ニキビケア関連情報