ニキビケア 肌タイプ

ニキビができやすい肌タイプとは?

ニキビは、誰でも一度は経験したことがあると思いますが、症状や程度は人によって違います。

ほんの数個しかできたことがない人、できてもすぐ治る人、顔中に出て今も悩んでいる人など様々です。

なぜ人によってニキビの症状や程度に違いがあるのかを見ていきたいと思います。


ニキビは誰にでもでます。

しかし、ニキビができやすい人とできにくい人がいるのはなぜでしょう?
それは、ズバリ!皮脂の分泌量の差です。

ニキビになりやすい人はあきらかに皮脂の分泌量が多く、なんとなく体全体が脂っぽい人は、ニキビになりやすい人と言えます。

一般的に言われている「オイリー肌」の人ですね。
「オイリー肌」の人は、朝起きたら鼻やおでこが皮脂でべっとり、なんてこともよくあることです。

皮脂量の分泌量の差は、肌質によって左右され、その肌質を決めるのは遺伝的要素だと言われています。
遺伝で、と言われると改善の余地がないように思いますが、皮脂過多の体質は改善することが可能です。
それについては、また別のページでご紹介していますので、そちらをご覧ください。


次に意外に思われかもしれませんが、「乾燥肌」の人もニキビになります。
肌が乾燥することによって荒れた毛穴から、皮脂が出られず毛穴が詰まり、ニキビになってしまうのです。


そして、最もニキビができやすく、ケアが難しい肌質が「混合肌」の人です。
おでこや鼻などのTゾーンは「オイリー肌」なのに、目や口の周りはカサカサして乾燥している人は、スキンケア方法が難しいので、ニキビになりやすいのです。


ニキビができやすい肌タイプを知って、適切なニキビケアをしましょう。

ニキビケアに効くのはどの化粧品??
みんなが愛用しているおすすめのニキビケア化粧品をランキング形式でご紹介!
化粧品選びの参考にしてください。

 

ニキビケアランキングを見る

こちら


ニキビケア関連情報