ニキビケア 種類

ニキビの種類とは?

一言でニキビと言っても、いろいろな種類があることをご存知ですか?

ニキビケアを行う上で、ニキビの種類を知っておくことは大切です。
ニキビの種類を知ることで、正しいニキビケアができるのです。

自分のニキビがどのようなものか確認しながら見ていただければ幸いです。
まず、一番多いのが思春期のニキビですね。

思春期のニキビは、時期を過ぎればほとんどのものが、自然に治ります。
それに比べてやっかいなのが、大人になってから出来るニキビです。

大人になってから出来たニキビをケアせずに放っておくと、後々後悔することになりかねません。

ニキビはその種類によってケアの仕方も違ってきますので、まずは自分のニキビがどういう状態か確認してみましょう。


まずは、白いニキビです。

初期のニキビには「白ニキビ」と「黒ニキビ」があります。
「白ニキビは」皮膚の下にプチっと白く見えているニキビです。
小さくプチプチと広範囲にできることが多く、毛穴がふさがって皮脂が出られなくなった状態です。


「白ニキビ」が進行すると、顔全体に広がることがあります。
特にTゾーンや髪の生え際に出ることが多いので、注意してください。


またその「白ニキビ」が顔の端っこに出ることがあります。
これは、洗顔料の洗い残しやシャンプーの流し残りが原因で起こります。


口の周りにできるニキビでお困りの人はいませんか?

私は時々唇の横に出来ることがあるのですが、洗顔料の洗い残しや化粧品の落とし残りが原因だそうです。
しっかり洗い流すことが大切なんですね。


そして「黒ニキビ」ですが、鼻の周りに出ることが多く、鼻パックなどでケアしている人も多いのではないでしょうか?
これは、皮脂が空気に触れて酸化したために黒く見え、固めの皮脂がしっかり詰まっていることが多いので、なかなか洗顔だけでは取り除きにくいようです。


「白ニキビ」と「黒ニキビ」以外に「赤いニキビ」があります。
これは、ニキビの初期段階ですが、毛穴が開き気味の人に多くみられ、ニキビが常にできやすい状態であるために、毛穴が多いほほや口の周りが赤くなってしまうのです。


そして、一番厄介なのが、上記に挙げたニキビが顔に全部出てしまうことです。
ニキビができやすい肌状態になってしまうと、顔全体にニキビが大発生ということにもなりかねないのです。


以上のように、ニキビの種類をいくつかご紹介しましたが、いずれもほっておいたり、間違ったスキンケア方法を行うと悪化させてしまうので適切なニキビケアが必要になってきます。

正しいニキビケアをご紹介したページもありますので、そちらをご覧いただければ幸いです。
ニキビケアに効くのはどの化粧品??
みんなが愛用しているおすすめのニキビケア化粧品をランキング形式でご紹介!
化粧品選びの参考にしてください。

ニキビケアランキングを見る

こちら


ニキビケア関連情報